6 Global Skills

プログラムの礎

6 Global Skills

私たちセブンシーズは、グローバルなビジネス環境で成果を出すために「6つのグローバル・スキル」が必須であると考えています。
これは、セブンシーズの全てのプログラムの礎となるものです。

Self-Confidence

なんとかなるという自信

自分を信じる力は、パフォーマンスを発揮するための基本です。「なんとかなる!」というポジティブな感覚が芽生え定着するようモチベーションに働きかけます。

Non-verbal Communication

言葉に頼らないコミュニケーション力

単にジェスチャーを身につけるのではなく、ちょっとしたしぐさや表情、相槌、無意識の動作など、ノン・バーバル(非言語)要素の重要性を自覚できるよう促します。

Open Communication

相手を受け入れるオープンな心

多様性を尊重し、異文化間の相違点を積極的に取り入れ、クリエイティブに活かすことこそ、持続可能かつ競争力の高い強みとなります。

Superior Listening

ずば抜けた傾聴力

相手からより多くの情報を引き出すためには、受動的に「聞く」のではなく、相手の話に好奇心を持って反応し、積極的に質問する「聴き方」が大切です。

Assertive Rights & Communication

自己を表現しようとする強い意思

アグレッシブとアサーティブの違いを理解した上で、自分の意思や希望を率直に表現し、相手に敬意を示しながら”No”と言えるコミュニケーション力を開発します。

Self-Awareness

相手の気持ちに敏感であること

自分の言動が周りに与える影響に敏感であり、相手の感情にも配慮できる人こそが、グローバルな視座でチームを導き、高い目標を達成することができます。

The 7Seas CARE Process

組織、および、個人レベルのビジネスニーズやコミュニケーションの課題に真摯に向き合い、納得性の高い効果を出していくために、
一連のコンサルティングプロセスを大切にしています。

サービス提供フローのステップ
1.
Dialogue

出会いは対話から

貴社のHRは、セブンシーズのコンサルタントにとって、クライアントではなくパートナー的存在です。なぜなら、トレーニングの成功は、HRとのパートナーシップによって実現するからです。私たちの存在が、貴社の課題やゴールを安心して共有いただけるパートナーになり得るかどうか、研修チームの一員として迎えていただけるかどうか、対話を通して、ありのままのご評価をいただきたいと思っています。

1.Dialogue
2.
Visualization

共通のイメージを
描くために

トレーニングをリアルにイメージしていただけるよう、私たちは力を尽くします。プログラムの特徴の紹介だけでは、HRの意思決定のサポートにはなりません。トレーニングに参加している社員の皆さんの姿や、トレーニング後の行動変容(Before & After)について、HRと共通のイメージが描けるようになること、その目的を達成するためにファシリテーターや、開発担当者もディスカッションに加わります。

2.Visualization
3.
Team Strength

最強最適のチーム編成で

貴社のカルチャーや、トレーニング・ニーズに合わせて最適なチームを編成します。新卒社員のモチベーションに火をつける熱量の高いファシリテーターから、リーダーの自己変革に寄り添うコーチング経験豊富なコンサルタントまで、多様なバックグランドと強みを持ったセブンシーズのコンサルタントの中から、最適な講師陣をアサインして研修にのぞみます。

3.Team Strength
4.
Learning Experience Design

プロセス全体をデザイン

トレーニングのデザインとは、ワークショップや、教材などのコンテンツ開発が全てではありません。「企画立案から、募集、研修の実施、効果測定、経営幹部へのレポート、フォローアップ、次なる課題の特定に至る一連のプロセス」のデザインが重要です。長年、研修業務のマネジメントに深く携わってきた弊社のクライアント・サービス・マネージャーが、HRの右腕となって業務支援を承ります。

4.Learning Experience Design
5.
Solution Delivery

社員の自走をサポート

私たちが提供するトレーニングの目的は、学習者の自走をサポートすることです。快適ゾーンから一歩踏み出すためのサバイバル・ツールや、実践的なコミュニケーション・フレームワークを提供し、使いこなせるまで伴走します。また、グローバル・コミュニケーション・スキルがどれくらい向上したのかを実感し、継続学習への意欲を高めるディスカッション形式のGlobal Readiness Assessmentも活用いただけます。

5.Solution Delivery
6.
Training Value Analysis

トレーニング・

インパクトの分析

個人のスキル・レベル、チームのパフォーマンス・レベル、組織のビジネスKPIの観点から、総合的にレビューすることは、トレーニングが戦略投資であることを証明するために極めて重要です。さらに、短期目標、中長期の戦略目標に対して、研修がどのような点で有効であったのか、よりインパクトを高めるためにはどんな工夫ができそうか、振り返りの機会を設け、次のアクションに繋げます。

6.Training Value Analysis

Training Styles

ビジネスゴール到達にむけて、
各社のニーズにあわせて適切なトレーニングスタイルを選択し、組み合わせます。

4 Training Styles - Workshop

Workshop

ビジネスインパクトを最大化するために、語学力以外の要素として、「マインドを変える」「異なる文化へ配慮する」「自信を持つ」の3つを、全てのワークショップの共通のテーマとしています。

4 Training Options - Open Door Consultation

Open Door Consultation

いわゆる語学レッスンではなく、ビジネスパーソンが職場で実際に直面する業務課題を取り扱い、グローバルコミュニケーション力や、ビジネスパフォーマンス向上のプロセスを支援します。

4 Training Options - Group Course

Group Course

ミーティングやプレゼンテーション、ライティング、合意形成など、実際のビジネスにおける共通のニーズに焦点を当てて、3~6か月間伴走します。

4 Training Options - 1:1 Crafted Course

1:1 Crafted Course

受講後も常に成長し続けることを目的とした1対1のプライベートコースです。冒頭に設ける30分間のニーズアナリシスにより、完全オーダーメイドのプログラムを構成します。

Global Business Modules

これまでの200を超えるプログラム設計ノウハウを活かして、
多様なビジネススキル(以下は声掛けの多い定番テーマ)の習得を支援します。

Global Readiness


Assessment

英語力、コミュニケーション力、
アサーティブネス、
異文化対応力を測定

Global Mindset

(Cross-Cultural)

グローバルな環境(異文化)で
ビジネスを遂行するための
マインドセット

Transforma­tional
Leadership

EQやスピーチ開発など
多岐に影響力を発揮する
アクションラーニング

Successful


Meeting

自分のリズムでイニシアチブを
持つための参加姿勢や、
明確な発信と傾聴

Effective


Emailing

相手の立場や状況に応じた
効率的&効果的な
英文emailの作成

Assertive


Communi­cation

控え目でも攻撃的でもなく、
適切に意思表示するための
考え方とスキル

Negotiation


360°

交渉の理論と戦略を使い、
効果的に最適な結論に
たどり着くプロセス

Presenting


with Impact

記憶に残る
ドキュメントと聴衆を巻き込む
プレゼンテーション

Persuasion &


Influence

信頼、感情、論理を
バランスよく織り交ぜた
説得技術

Facilitation


Success

効果的にミーティングを
ファシリテートするための
スキル

Advanced


Questioning

効果的な質問を通じた
話題の深堀や発展させる
ための介入

Reporting with


Clarity for Results

相手の立場や
状況に応じた明快な
報告文書

Popular Programs

豊富なテーマと4つのトレーニングスタイルを組み合わせて、ビジネス・インパクトにつながるラーニングソリューションを提供しています。
具体的なプログラムについては、貴社との対話を通じてカスタマイズしていきます。

Transformational Leadership Program

英語コミュニケーションを超えたグローバルリーダーシップスタイルの開発

for
次世代リーダー

Gateway to Global Business Communication

IT業界で好評のプログラム

for
英語コミュニケーションの初級〜中級者

Strategic Communication for Executives

エグゼクティブの「語る力」を磨く 1:1

for
エグゼクティブ

Expat Executives: Excelling in Your New Environment

日本と海外とのビジネスコラボレーションを加速する1:1

for
日本駐在の海外籍エグゼクティブ

Employee Acclimatization Program

日本独特の文化・商習慣・働き方に、早く慣れるためのプログラム

for
海外籍社員と受入れ企業側のマネジメント

Study Abroad in Tokyo

日本国内に居ながらにして、海外留学以上の効果を狙うプログラム

for
海外赴任予定のある方

Open Door Consultation™

グローバル業務における「今の困った」を「なんでも」相談できるプログラム

for
グローバル業務従事者

Clients

Popular Programsを中心に、様々な企業の人事部門・事業部門で導入頂いております。

日本マイクロソフト株式会社
三井海洋開発株式会社 MODEC, Inc.
エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
日鉄ソリューションズ株式会社
明治安田生命保険相互会社  Meiji Yasuda Life Insurance Company

ロゴマークの掲載許可を頂いた企業様は、社名をロゴマークで表示しています。(順不同)

日本拠点での導入
  • 日本マイクロソフト株式会社
  • アディダス ジャパン株式会社
  • PwC Japan合同会社
  • ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社
  • コールマンジャパン株式会社
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
  • ビステオン・ジャパン株式会社
  • プルデンシャル生命保険株式会社
  • など多数
日本本社・事業部門での導入
  • DIC株式会社
  • 株式会社シー・シー・アイ
  • 住友商事株式会社
  • 清水建設株式会社
  • 横浜ゴム株式会社
  • テルモ株式会社
  • NECソリューションイノベータ株式会社
  • 富士フイルムビジネスイノベーション株式会社
  • 三井海洋開発株式会社
  • アズビル株式会社
  • 成田国際空港株式会社
  • TDK株式会社
  • 住友化学株式会社
  • JNC株式会社
  • 明治安田生命保険相互会社
  • JFEエンジニアリング株式会社
  • 日鉄ソリューションズ株式会社
  • 株式会社ベネッセホールディングス
  • 長瀬産業株式会社
  • など多数
公共サービス・財団
  • 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
  • 学校法人ヤマザキ学園
  • 学校法人昭和女子大学
  • など多数